包茎の種類

仮性だけが包茎ではありません。 包茎には仮性包茎をはじめとして真性包茎や埋没包茎、カントン包茎(嵌頓包茎)があります。やっぱり多く日本人に多いのが、仮性包茎です。日本人の悩んでいる包茎の7割は、仮性と言われています。仮性の場合、平常時の状態、全て皮を被っている訳ではなく、亀頭先端が露出している状態と思っている人たちも多いようです。ただし、そうではなくて、皮は被っていても手で剥くことですぐに亀頭を露出させることができる状態なのです。真性包茎だと思っているものも仮性の可能性があります。勃起すれば何もしなくても亀頭が露出する軽度と、重度があるようです。

そして真性包茎があります。真性包茎とは見た目完全に亀頭に皮を被っており、通常時や勃起時にも、皮を剥く事ができないものを言います。手で皮を根元に寄せようとしても痛み、固着により一切亀頭を露出する事ができない状態です。

更にカントン包茎(嵌頓包茎)があります。カントン包茎(嵌頓包茎)は、普段は皮を被っている状態であり、頑張れば皮を剥く事ができますが、包皮口の出口部分が狭いのが問題点です。無理に皮を剥いて亀頭の露出を行うと亀頭の根元が皮で締め付けられてしまい元に戻す事ができなくなるリスクがあります。更に埋没包茎は、ペニス本体が下腹部に潜り込んでしまっている状態を言います。