包茎の原因・リスク

あなたの包茎が真性という場合、長い年月に亘り皮が被っている状態からカントン包茎になってしまう可能性も大きくあると言います。入浴の際にも亀頭部分を洗う事が出来ず、いつも不潔な状態を維持し続けています。陰茎癌のリスクも抱えていると言われています。真性包茎は、自然治癒で改善することも不可能とも言われています。

カントン包茎は、強引にやれば皮が剥けるけど、元の状態には簡単に戻す事ができません。カントンの場合包皮口の出口が狭い根本的な問題があり、亀頭を出している状態は非常に危険です。比較的肥満体型の人に多いのが、埋没包茎です。皮下脂肪が多く、包皮が比較的短いため、ペニスが、下腹部に潜り込んでしまうことになります。異常にペニスが小さく見えて、コンプレックスを持っている人たちも多くいらっしゃるようです。このような包茎の場合、ダイエットをすればコンプレックスが解消出来るケースもあります。

いかがでしょうか。包茎というものの、包茎には種類があり、それほど真剣に悩む必要はないというものもあります。若い人たちほど、包茎に悩んでしまうものかもしれません。手術という方法も間違いではありませんので、そのときは、間違いのないクリニック探しをしてみましょう。