あなたの包茎が真性という場合、長い年月に亘り皮が被っている状態からカントン包茎になってしまう可能性も大きくあると言います。入浴の際にも亀頭部分を洗う事が出来ず、いつも不潔な状態を維持し続けています。陰茎癌のリスクも抱えていると言われています。真性包茎は、自然治癒で改善することも不可能とも言われています。

カントン包茎は、強引にやれば皮が剥けるけど、元の状態には簡単に戻す事ができません。カントンの場合包皮口の出口が狭い根本的な問題があり、亀頭を出している状態は非常に危険です。比較的肥満体型の人に多いのが、埋没包茎です。皮下脂肪が多く、包皮が比較的短いため、ペニスが、下腹部に潜り込んでしまうことになります。異常にペニスが小さく見えて、コンプレックスを持っている人たちも多くいらっしゃるようです。このような包茎の場合、ダイエットをすればコンプレックスが解消出来るケースもあります。

いかがでしょうか。包茎というものの、包茎には種類があり、それほど真剣に悩む必要はないというものもあります。若い人たちほど、包茎に悩んでしまうものかもしれません。手術という方法も間違いではありませんので、そのときは、間違いのないクリニック探しをしてみましょう。

仮性だけが包茎ではありません。 包茎には仮性包茎をはじめとして真性包茎や埋没包茎、カントン包茎(嵌頓包茎)があります。やっぱり多く日本人に多いのが、仮性包茎です。日本人の悩んでいる包茎の7割は、仮性と言われています。仮性の場合、平常時の状態、全て皮を被っている訳ではなく、亀頭先端が露出している状態と思っている人たちも多いようです。ただし、そうではなくて、皮は被っていても手で剥くことですぐに亀頭を露出させることができる状態なのです。真性包茎だと思っているものも仮性の可能性があります。勃起すれば何もしなくても亀頭が露出する軽度と、重度があるようです。

そして真性包茎があります。真性包茎とは見た目完全に亀頭に皮を被っており、通常時や勃起時にも、皮を剥く事ができないものを言います。手で皮を根元に寄せようとしても痛み、固着により一切亀頭を露出する事ができない状態です。

更にカントン包茎(嵌頓包茎)があります。カントン包茎(嵌頓包茎)は、普段は皮を被っている状態であり、頑張れば皮を剥く事ができますが、包皮口の出口部分が狭いのが問題点です。無理に皮を剥いて亀頭の露出を行うと亀頭の根元が皮で締め付けられてしまい元に戻す事ができなくなるリスクがあります。更に埋没包茎は、ペニス本体が下腹部に潜り込んでしまっている状態を言います。

包茎手術をしなければならないと悩んでいる人たちも多くいらっしゃるようです。実際に、それほど慌てて包茎手術と向き合う必要は果たしてあるのでしょうか。男性雑誌など見ていると、すぐに手術しなければならないモチベーションが簡単に作られてしまうかもしれません。そして、手術について知識がないままクリニックへ依頼をしてしまうと、高額を請求されてしまうかもしれませんし。

まだまだ私達は、その事実について知らないのかもしれません。あなたの症状の種類をしっかり理解しましょう。あなたが仮性というのなら、そんな真剣に手術と向き合う必要はありません。日本人の70%のペニスは仮性包茎であるとされているため仮性包茎であることを特に気にせず生活しています。また、アメリカに行けば、仮性なんて正常のペニスなのです。敢えてズル剥けの方が恥ずかしいと思われているのかもしれません。外国人は、結構ズル剥けの方を恥ずかしいと思っているのです。

日本国内においては仮性包茎に対しての悪いイメージは多少あるものの、そんなイメージだけの問題で、手術に向き合う姿勢は果たして正しいでしょうか。ただし、仮性にデメリット要素もあり、恥垢が溜まりやすい、亀頭の表皮が弱く免疫力がなくて、性病や炎症の発症リスクが大きいなど問題を抱えています。あなたが、手術するぞというモチベーションになれば、それも間違いだとは言えないのです。ただし、それは仮性だけの問題ではありません。

Scroll To Top